FF14 新式装備強化?交換? 注意点などその他もろもろ

FF14

今回の記事についてはパッチ5.1から実装された装備である新式強化装備についての事を記事にしていこうと思います。

パッチ5.1の新式強化装備についてはILが460となっていて性能も幻想装備などと同等の性能なので特に週制限などもなく入手できるのでメインジョブだけでなくサブジョブやすぐに自キャラの装備を揃えたい人など様々な人に需要のある装備かと思われます。

そんな新式装備強化について注意点やその他もろもろの事も含めて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

新式装備強化に必要なもの

新式装備強化に必要なものはアラガントーム:魔典と新式装備(IL450ミーン装備)だけです。

後々また説明しますが実はこれ装備強化というよりかは装備交換であるので用意する新式装備については何でもよいです。

細かい手順はかなり端折りますが、新式装備の手形への変換とか魔典の強霊薬交換、新式強化装備の交換について全ての行為がユールモアのエーテライト近くにいるNPCのヒノセンから全て出来ます。

ミーン強化装備の取引に必要なアイテムはコルシアの強霊薬とユールモアの手形の2つだけです。

ミーンRE装備取引に必要な手形と強霊薬について

ミーン装備REに必要な強霊薬は1個交換につき100個の魔典が必要になります。

手形についてはミーン装備(IL450)のNQ品かHQ品かのどちらかを納品して獲得することが出来ます。まず初めに各装備を納品するごとに獲得できる手形についてまとめてみました。

ミーン装備納品によって獲得できる手形

装備部位 獲得出来る手形の量
HQ NQ
武器 45 15
武器(ナイト:片手剣) 24 8
武器(ナイト:盾) 21 7
33 11
42 14
33 11
21 7
42 14
33 11
アクセサリー 12 4

ミーン装備の納品についてはNQ品でも出来ますが、獲得できる手形の量が1/3になってしまうので注意しておいた方がいいかもしれません。

ちなみにこの装備納品については新品や装備済み問わずなんでもOKです。

新式フル禁断装備ももちろん投入可能!ただし何の特典ない!

もちろん自分がこれまで装備していた新式装備も納品可能です。ただし装備にはめてあるマテリア等は一切戻ってこないので事前に外し忘れが無いように確認したほうがいいでしょう。

ミーンRE装備の交換に必要な手形や強霊薬の数量は?

ミーンRE装備の交換に必要な手形や強霊薬の数量についてもまとめてみました。

装備部位 手形の数量 必要な強霊薬の数量(魔典)
武器 45 7(700)
武器(ナイト:片手剣) 24  4(400)
武器(ナイト:盾) 21 3(300)
33 3(300)
42 5(500)
33 3(300)
21 2(200)
42 5(500)
33 3(300)
アクセサリー 12 2(200)

装備交換に必要な手形の数量についてはミーン装備のHQ品を手形に変換した数量と同じです。

なので交換したい部位ごとにHQ装備を合わせて揃えていけば綺麗に手形を消費していくことが出来ます。

ただし、この手形についてはどのジョブのどの部位でも交換できるので、製作しやすい部位やマーケットで一番安そうな装備を購入して手形を稼いでいくほうがいいでしょう。

ちなみにこのミーンRE装備については強化というよりかは交換と言い換えたほうがよく、幻想装備などとは違って手形と強霊薬のみで取引するので、別途に強化元の装備が別途に必要になるとかそういうわけではないのでかなりお手軽に装備を交換できます。

マーケットで購入した装備で交換するなら胴や脚部位のものが割と安く売られていているようだったので、コスパが良さそうな感じがありました。

スポンサーリンク

ミーンRE装備の注意点のことなど

ミーンRE装備交換に必要な手形とか強霊薬の事をざっくりとまとめてみましたが、続いてその装備交換についての注意点などを紹介していきたいと思います。

注意点その1 取引には魔典が必要!ギルさえあれば装備が揃えられるわけではない

新式強化装備についてですが、他の幻想装備やヨルハ装備などとは違って週制限が無いものの、取引には大量の魔典が必要となり、一式装備を揃えるのには魔典2000個では足りません。

その魔典の必要数などをちょっとまとめてみました。

装備の種類 必要手形数 必要魔典数
武器のみ 45 700
左防具 204 2100
アクセサリー 60 1000
合計数 309 3800

ミーンRE装備を一式揃えるのになんと3800個の魔典が必要になります。

魔典については幻想などのトークンとは違って週制限が無くレベル80の状態であれば貯めていく手段も豊富にあるので短期間で一気に装備を揃えたいという場合でなければそれほど気にならないかもしれないです。

ただジョブをレベル80にしたての頃などではいくら魔典を貯めていたとしても一度には一式装備を揃えることは出来ないので今後自分が遊ぶコンテンツを考えて交換していく部位を決めたほうがいいということに注意です。

ちなみにこのミーンRE装備についてはアイテムにEX属性があり他の人とトレードやマーケットで売買は出来ないもののRARE属性が無いので同じ装備部位を複数所持できます

つまり、アクセサリーの指輪部位を2個以上所持できてちゃんと2個とも装着できるようになっています。

なのでこれまで片指の装備のせいでILが460に届かなかった人でも指部位を簡単に交換することが出来てIL460以上に出来るので最低でも指部位1つ交換するだけでもお勧めできます。

注意点その2 マテリア禁断が不可になること

新式強化装備については未強化の新式装備で出来ていたマテリア禁断が出来なくなってしまいます。

なのでもしかしたらサブステータス的に未強化の新式禁断装備よりも性能が劣ってしまうということがあるのかもしれません。

ただし、ILが10も上がり防御力やHP、サブステータスの種類も同じままでステータスが大きく伸びるので、少なくとも禁断していない新式HQ装備よりかは間違いなく強力になります。

また腰部位やアクセサリーについてはマテリアの装着穴が幻想装備などと同様に2個に拡張されるのでよほど元のサブステータスが悪くない限りはでは新式未強化の状態よりも強力な状態に変化することは間違いなさそうです。

注意点その3 NQ品とHQ品を間違えないように

ユールモアの手形を獲得するためにはミーン装備HQ品かNQ品を納品することになりますが、この納品の時にHQ品を納品する項目ではNQ品を選択できないので間違えることはないのですが、実はNQ品を納品する項目を選択した時にはHQ品をNQ品として納品することが出来てしまいます。

当然NQ品として交換するので得られる手形の個数はHQの1/3です。一応納品する前に注意が表示されるので間違えにくく配慮はされているのですが、勢い余って選択してしまわないように注意です。

強力な装備なのでぜひ活用してみては?

今回紹介したパッチ5.1の強化新式装備については週制限や難しいコンテンツ等を攻略する必要もなくお手軽にIL460装備を入手できます。

魔典を集めたり、ミーン装備の為に金策などをする必要がありそうですが、それでもそんなに手間もなく交換できるのでメインジョブの装備補強とかの為だけでなくサブジョブで遊ぶ人とかにもかなり人気がありそうです。

だたし、パッチ5.1からは極ハーデス討滅戦で得られる武器とか週一ではあるもののアライアンスレイドでのヨルハ装備とさらに幻想装備強化素材と交換可能なアイテムが手に入ったりと他にも強力な装備の入手手段が増えています。

なのでそれらをどう遊ぶか考えて自キャラを強化していくかを予定を立てながら、新式強化装備を交換していければより現在のFF14を楽しめるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました