FF14 クラフター製作 手動orマクロどちらが速く製作できるか?

FF14ギャザクラ

FF14のパッチ5.2の情報がついに第56回PLLにて公開されました。色々公開されて個人的にとても楽しみですが、バトルコンテンツだけでなく意外と生産系のコンテンツにまた手が加わるというのがちょっと個人的に意外でした。

まだまだはっきりとわからないことも多いですが、その辺の情報に関してはまた次回のPLLでの公開に期待したいです。

あとパッチ5.18でのエデンノーマルや零式の週制限解除とニーアレイドでの報酬で黒影の強化薬が交換可能になるとのことですが、その実装日が12月24日ということで色んな意味で忙しい年末となりそうです。

スポンサーリンク

イシュガルド復興のランキングで気になったこと

話が少し変わりますが、パッチ5.2ではイシュガルド復興にさらなるアップデートが入るとのことで、そこでも様々な情報がありましたが、中でも気になったのがランキング機能の実装ということでした。

おそらくパッチ5.2の実装から少し時間を置いてから実装となりそうですが、ランキングとなるとおそらく復興用のアイテムの納品数や貢献度みたいな要素が関わってくると思います。

ここでちょっと思ったことがあり、個人的な偏見かもしれないですが、クラフターをカンストさせた多くの人はアイテムを製作するとき、クラフター用のマクロを使って半自動で製作していると思われます。

ただ当然といえば当然ですが、手動での製作に比べてマクロではスキルの合間に2.0か3.0秒の間を置かないと動作が出来ないので、アイテム製作の速度に関しては手動で入力したほうが速く製作することが出来ます。

これもおそらくかなりの偏見が入ってしまいますが、このイシュガルド復興のランキングにガチで挑戦する人は手動でアイテム製作をしていくという可能性もあります。

ただその場合、どのくらいアイテムの製作速度に違いが出るのかちょっと気になってしまい今回そのマクロと手動でのアイテム製作速度の違いについてはちょっと検証してみました。

もちろんこのランキングについてはアイテムの納品数とかではなく高難度レシピとか全く違う要素が関わってくる可能性があるので今回も超大雑把な参考程度に閲覧してみてください。

検証にはパッチ5.15のレベル80復興用資材を参考に条件など

今回イシュガルド復興に関わるかもということでイシュガルド復興で今のところは製作に一番手間が掛かるレベル80復興用資材を50個製作することにどれだけの時間がかかるのかを手動とマクロで比較してみました。

当然ですが手動で入力する場合とマクロでのクラフターのスキル回しはどちらも同じにして統一しています。

実際に使用したマクロの紹介

レベル80復興用資材を製作するのに使用したマクロの内容は以下の通りです。

/ac 真価 <wait.3>
/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac 工面算段 <wait.2>
/ac 精密作業 <wait.3>
/ac 精密作業 <wait.3>
/ac 精密作業 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 下地加工 <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac 工面算段 <wait.2>
/ac 下地加工 <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業

ちなみにこのマクロについてですが、全部で14行で済み少々速く製作できるのですが、俺Tools様のサイトでクラフトシミュレートしてみたところ必要能力値が作業2610、加工2189、CP460となっており、作業精度の要求値がとても高く、食事込みでもミーン装備に名匠マテリア禁断を多めにしていることが前提になってしまってます。

おそらく他に調べれば必要ステータスがこれより小さくて済む物や更に短い行数のマクロもありそうなので、これをコピペして使うのは自分みたいにミーン装備を名匠マテリア多めで、ガチ禁断している人とかでない限りあまりお勧めできません。

レベル80復興資材を50個製作するのにかかった時間は?

実際に上記のマクロを使って復興資材を50個製作するのにかかった時間と手動での時間を比べてみました。

マクロを使うときはなるべく製作と製作との間で時間か取られないように素早く(ながら作業にならないように)、手動で製作する場合はスキルを先行入力気味でなるべくスキル硬直が無いように素早く黙々と作業します。

そういったことを意識しながら製作した結果。かかった時間は次の通りに。

製作方法 製作時間
マクロ 34分49秒
手動 32分55秒

この製作時間が速いのか遅いのかちょっとわかりませんが、マクロを使った結果35分近く手動の場合だと約33分で製作出来ました。

手動の場合だと大体2分くらいの時間短縮といったところでしょうか。

ただこの製作に関して実際にやってみたところ結構な問題があることが分かりました。それについてはこの検証みたいなことをやる前から想像はしていましたが、手動の操作でスキル回しを誤入力または入力抜けしてしまい何度か製作に失敗してしまいました。

なので検証には失敗しているということでもありますが、一応マクロの行数通りにスキルの合計使用数は合わせてはいるので一応それなりに製作にかかった時間は不正確でもないということでこのように結果は残しておきました。(見苦しい言い訳ですごめんなさい)

ただちゃんと時間はしっかり短縮出来そうだったので、今回の記事については本当に大雑把な参考程度にお願いします。

あとこれは自分がクラフター製作を長い間マクロに頼ってきて、久しぶりに長時間手動でクラフト作業をしたということもありますが、長時間大量のアイテムを手動で休みなく製作するのはとても疲れます

疲れるといってもこの手動でのクラフト作業に慣れれば、それほどでもないのかもしれませんが、これが50個程度の製作だったならまだしも連続で100個200個となるとかなり辛い作業になりそうです。

マクロ製作、手動製作のメリットデメリットなどをまとめてみる

今回マクロ製作と手動製作をそれぞれある程度の時間をやってみてそれぞれ良いところ悪いところがあることに改めて気が付けたので簡単にまとめてみました。

マクロ製作のメリット

  • 回線のラグ等で誤作動を起こさなければ1ボタンで簡単に正確にアイテムを製作できる
  • マクロ作動中は自動で作業してくれるのでその間他の作業が出来る(ながら作業が出来る)
  • 操作の負担がなくかなり楽に製作できる(長時間作業しても疲れにくい)

メリットに関しては一番大きいのがマクロボタンを1回押せば自動で最後までアイテムを製作してくれることで、操作がとても楽でながら作業することもできることでしょう。

ただ注意したいのが、自宅のネット回線が不安定になっていたり、自分のいるエリアに人が多すぎて混雑状態の場合だとマクロが上手く作動しないこともあるので、マクロのwaitの時間を長く設定するとか人込みを避けるとかの対策は考えておいた方がいいかもしれません。

マクロ製作のデメリット

  • タイミング悪く最高品質&低品質が重なるが起こるとHQ品の製作に失敗する可能性が高い
  • ながら作業をしていると本来のクラフト作業の効率が悪くなってしまいがち

マクロを使ってながら作業をしていると、本来の作業の効率が悪くなってしまうという問題については人によっては別に気になることでもないかもしれないです。

ただFF14のマクロを利用した製作で一番の問題かもしれないというのはこのタイミング悪く最高品質と低品質が重なるということです。

この問題に関してはたぶんFF14のクラフトを経験していれば稀に良くあることですが、ここに関しては運が悪かったとして諦めるしかないと思います。

一応FF14の画面に注目していてこの現象に気が付いていれば、マクロを止めたり無理やり手動でアドリブで別のスキル回しに変更して何とか製作することも出来ますが、別のスキル回しに変更するためのCPが足りなかったり、そもそも画面から目を離していて(youtube見てたりとか)気が付けないことあるのでこの問題に関してはやっぱり諦めて受け入れるしかないのかなと思います。

手動製作のメリット

  • マクロでの入力より速くボタンを入力していけるので、マクロ製作より短時間で製作できる
  • 高品質、最高品質を上手く利用すればさらに本来のスキル回しより時間を短縮できる
  • タイミング悪く低品質が重なっても対応しやすい

今回の私の場合は上手くいきませんでしたが、ちゃんと手動の操作に慣れていて正確にスキルを入力していけばマクロ製作よりも短時間で制作することが出来ます。

高品質最高品質が〆のビエルゴと噛み合えば爽快!

あとマクロ製作で最高品質が出てしまうことが悪いものだという感じで書いてしまいましたが、本来はこの最高品質の状態というのは製作においてとても優位な状態なので、このタイミングで上手くスキルを合わせられれば、工程を大幅スキップして最高品質のアイテムを創り出すことが出来ます。

それと同じようなことで低品質が重なってもちゃんと各スキルの効果を理解していれば、上手くこのターンをスルーしていくこともできます。

手動製作のデメリット

  • 操作ミスを起こし製作に失敗する可能性がある
  • 長時間作業していると疲れやすい(ミスを多くなってしまう)

手動製作のデメリットとしてはやっぱり中の人間が操作する以上どうしても操作ミスは起こってしまいます。

あと長時間作業してたり、もともとから疲れている状態だとここでの作業で思わぬ凡ミスをしてしまうこともあるかと思います。(ちょっと前だと収集品製作をONにし忘れてたりとか)

やっぱりクラフター製作はマクロで安定?

今回手動とマクロでのアイテム製作の速さを比べてみましたが、一応は手動でスキルを正確に素早く回していければ製作にかかる時間の短縮は出来そうです。

ただ操作する人が人間である以上は操作ミスはどうしても起こりそうで、それは長時間の作業ともなればその可能性は高くなっていきます。

今回軽く検証してみても2分程度の差しかなくそんな大幅に時間短縮が出来そうになかったので、安定して楽に作業していくためにもやっぱりマクロ製作をしていくことが定番になっていくのかなと思います。

ただし、FF14の本来のクラフトは手動でやるもので、的確にスキルを回していければ素早く高品質なアイテムを製作できることは間違いなく、次回のパッチで追加されるイシュガルド復興の高難度レシピはちゃんと手動でそのターンごとの状況に合わせてスキル回しを変えていく必要があるらしいです。

なので、現在ではなくパッチ5.2実装の直前にでも、普段からマクロでアイテム製作をしている人は、現状のクラフタースキルの効果を見直したり、手動でのスキル回しを確認の意味でもやってみてはいかかでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました