FF14 祖堅正慶氏がべた褒めしている「ATH-G1」が欲しい!という雑記

FF14

少し前に普段から私が見ているゲーム系の情報サイト4Gamarに興味深い記事がありました。

「【PR】FFXIVサウンドディレクター祖堅正慶氏が惚れた! オーディオテクニカ「ATH-G1」の魅力をメーカー担当者と熱く語る」

この記事の内容についてはオーディオテクニカが発売したゲーマー向けヘッドセット「ATH-G1」についてFF14サウンドディレクターでおなじみの祖堅正慶(そけん まさよし)氏と、オーディオテクニカの担当者にインタビューを行い、それでこのヘッドセットについて非常に高く評価(べた褒め)しているということでした。

ヘッドセット本体の性能についてだけでなく、FF14のサウンド環境やMMOに纏わる音響設定についての興味深い話もあったりしてなかなか読み応えのある記事でした。興味のある方はぜひ読んでみてほしい記事です。

それでこのブログ記事についてはそんな「ATH-G1」が欲しいというただそれだけの雑記になります。

ATH-G1のスペック等

私自身このヘッドセットがなぜ欲しいのかという理由は後述するとして、まずスペックの所から見ていきたいと思います。とは言っても公式サイトの情報をそのまま載せているだけなのですが。

  • ヘッドホン部
型式 密閉ダイナミック型
ドライバー φ45mm
出力音圧レベル 101dB/mW
再生周波数帯域 5~40,000Hz
インピーダンス 45Ω
  • マイクロホン部
型式 コンデンサー型
指向特性 ハイパーカーディオイド
感度 −43dB(0dB=1V/Pa, 1kHz)
周波数帯域 30~20,000Hz
  • その他
質量(コード除く) 約250g/約257g(着脱式マイクロホン含む)
使用温度範囲 5~40℃
コード 2.0m
プラグ φ3.5mm金メッキステレオ4極ミニ
  • 付属品

着脱式マイクロホン、ウインドスクリーン、Y字型ステレオヘッドセットケーブル

  • 別売り

イヤパッド、ヘッドパッド、着脱式マイクロホン

ATH-G1はスペックにもある通り通常のアナログ接続型のヘッドセットですが、ATH-G1をベースにワイヤレス接続型にした「ATH-G1WL」というヘッドセットもあります。

この記事を書いている6月9日現在で価格について調べて見ましたが、「ATH-G1」については最安値が21000円程度、「ATH-G1WL」については最安値が30000円程度みたいです。

どちらもそれなりのお値段がする高級ヘッドセットに分類されるのでしょうか、お手軽に買えるヘッドセットではありませんが、ゲーム音質にも拘りたいという人向けな感じです。

FFXIV推奨機種認定を受け、ゲームに適した音質とのこと

こちらの「ATH-G1」についてはファイナルファンタジーXIV推奨機種認定されていて、4Gamarでも紹介されている記事「【PR】オーディオテクニカの「ATH-G1」は,高音質&優れた定位感で勝利をもたらすゲーマー向けヘッドセットだ」にもある通り、高音質で価格の割にはとても優れたヘッドセットであるとのことです。

他のレビュー記事とかレビュー動画なんてのも見てみましたが、音質が良いというのはもちろんですが、ヘッドセット本体が軽く着け心地が良いとのことで長時間頭に装着してても疲れないとのことらしいです。

あとFF14のMMOだけでなく対人FPSに重要な音の定位性などもしっかり聞き取れるようでそういったジャンルのゲームを遊ぶ際にもいいヘッドセットのようです。あと忘れられがちですが、マイク音声についても特に問題ないようです。

特に参考になったレビュー動画というのがさっさんの動画であり、こちらの方についてはヘッドセットに限らず様々なゲーム周辺機器をレビューしてますが、とても参考になるのでおすすめです。

【ATH-G1】audio technicaの新型ヘッドセット使ってみけど、ただの神でした。

祖堅氏が制作現場で扱うヘッドホンは「ATH-R70x」とのこと

これは完全な余談になりますが、祖堅氏が実際の制作現場で扱っているヘッドホンというのがこの「ATH-R70x」というものらしいです。こちらも同じオーディオテクニカ製のオーディオ機器ですね。

ただしこちらはヘッドセットではなくヘッドホンなので当然マイク機能はありません。

ですが、4Gamarの記事内で祖堅氏がヤバいヤバいとはしゃいでいるのを見るとこっちにも興味が出てしまいますね。

ただし、お値段も高く6月現在でも最安値がAmazonで38000円くらいするのでとても高いです。

ついでに言うと、商品の概要にもあるように音響制作のプロ用・業務用ヘッドホンということもあって実際にゲームで遊ぶ用途のヘッドホンではないのかなとも思います。

しかし、高いといっても仕事上で扱うヘッドホンであるので、それを38000円で買えるというのは安い方なのでしょうか?ちょっとそのへんの値段感覚はよくわかりませんが。

ATH-G1が欲しいと思った経緯について

それで話を戻して、前述していたこのヘッドセットが欲しいと思ったことについて、きっかけから話すとですが、実は私が今使用しているヘッドセットが古くなりヘッドホン部分のイヤーパッドがかなり傷んでいる状態です。

ちなみにそのヘッドセットは今から3年くらい前に買ったゼンハイザーのGAME ZEROで、最近になってそのイヤーパットの表面が切れてしまい、そこから中のスポンジが飛び出してしまいました。

現在はガムテープなどで無理やりその部分を塞いだりして騙しだましヘッドセットを使ってるのですが、流石にそれで使い続けるのは無理があるということでイヤーパッド部分を交換するか別のヘッドセットに買い替えるかを検討していたわけです。

GAME ZEROについては性能について申し分なく装着感とかそういったものにも全く不満は無いのですが、専用のイヤーパッドを交換するのにも結構なお値段が掛かり、後継機のGSP 600などにも買い替えることも考えてました。

ちょうどそんなことを考えていた6月の初めの時期にちょうどこの4Gamarの「【PR】FFXIVサウンドディレクター祖堅正慶氏が惚れた! オーディオテクニカ「ATH-G1」の魅力をメーカー担当者と熱く語る」という記事を見つけてしまったというのが事の始まりです。

ちなみにこの「ATH-G1」についてはつい最近発売された商品というわけではないので既に各所でレビュー記事等があり、調べていくと大抵は高く評価されているものばかりで、そういったものに触れていくうちに自分の物欲がまた刺激されてしまったというわけなのです。

後はこの「ATH-G1」については現在2万千円くらいが最安値でありますが、以前買ったGAME ZEROとちょうど価格が同じくらいということもあって、買い替えるのにも丁度いいのかもと思ってしまったこともあります。

コロナ給付金の使い道としても良いのかも・・・?

いきなりコロナ給付金なんて単語が出てしまってますが、10万円が一律で貰えるこの機会に思い切って自分の身の回りのゲーム周辺機器を買い替えるのも良いのかもしれません。

以前の記事でCPUを買い替えるかもしれないことを書いていましたが、あちらについてはまだPCパーツ(CPUやマザーボード)が思っていた以上に値段が高くて値下がりについても思っていた以上に遅く、そのせいで購入に尻込みしているところでした。

なのでPCパーツが安くなったタイミングでヘッドセットも一緒に「ATH-G1」に買い替えるとかもアリなのかもしれないと思い始めてるのですが、どうなんでしょう?

あと当然ですが、このヘッドセットPS4でも普通に使用できるので、いっそPS4専用ヘッドセットにするとかも考えたり・・・し始めるとキリが無いですね。

なんだか色々と考えた結果全く結論らしい結論も出せてないのですが、あまりダラダラと文章にしてもしょうがないのでこの辺で記事を終わりにしようと思います。

こういった周辺機器の買い替えとかそのタイミングとか周囲の人と話題になりそうでほとんど話題にしたことが無いので、皆さんどうしてるんでしょうか?買い替えるタイミングを計るのが難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました