FF14 パッチ5.2進展状況の事、共鳴編零式1層まではクリア

FF14

FF14のパッチ5.2が来てから主にギャザクラ関係の記事を中心的に書いてきて1週間が経過しました。

その書いている本人は現在どの程度進展しているのかといえば極ルビーウェポンとエデン零式共鳴編1層までクリアしたという状態です。

前回のエデン零式実装と比べるとスローペースになってますが、ここまでの1週間をちょっと振り返ってみようかなと思います。

スポンサーリンク

パッチ実装日から1~3日目まで金策を中心に

パッチ実装日から3日目あたりまでは金策を中心に遊んでました。後はメインクエストとかの開放などを。

事前に用意していたクラフタースクリップ黄貨用の収集品を全て使い切り秘伝書を揃えていざ素材を採りに行こうかと思いきやこれまで集めてきた装備の分解をするかどうかが気がかりになってしまう事態に。

迷った挙句、ある程度素材とかクエストをある程度進めてから、一気にここまで貯めてきた装備を分解することにしたのですが、結果は以前の記事の通りです。

分解スキルが全てカンストまで上げることが出来たのは良かったのですが、肝心の分解で出たアイテムがパッチ5.1以前のアイテムしかなく、結果大量の旧素材を抱え込む事態になってしまいました。

もちろんちゃんと売れてお金になった物もあるのですが、一部素材は同じように分解して手に入れたのかわかりませんがちょっと前までの新式中間素材とは思えないような捨て値でマーケットに売られてました。

前の記事でも書きましたが、結局この分解については期待外れの残念な結果となりました。今思えばこの分解の手間暇を他の金策とかに費やした方が良かったとも少し後悔してるところです。

意外なものが高騰したりやっぱりマーケットの状態がカオスなことに

確か実装初日は一部の素材が買い占められていて一時的に普段はあり得ないくらい物価が上がったりしてましたね。

これはちょっと極端な例なのですが、IL480の新式装備の素材にもなっている一水の霊砂については実装直後に買い占めが起こったみたいですが、その数時間後には他に出品してくれる人がかなり多くいたせいなのかすぐ値段が元通りになってたりしてました。

何かやむを得ない事情とかがあれば仕方がないのですが、品薄だからと言ってこういう場合に焦って買ってしまうとかなりの損をしてしまうのかなと思ってたり。

あと意外なものの値段が高騰してたりして驚いたり、これはその一部ですが私の場合この値段を見てから素材を採りに行ったりしてましたが、それでも十分に売れることが出来ました。

だたこういう事態を事前に予測できて、買い溜めできていれば大儲けが出来たのだろうけれども、なかなか上手くはいきそうにないですね。逆に値段が大きく下がってしまえば余計な損を被ってしまうこともあるので。

後はこの幻想素材については初日よりも2日目や3日目あたりの方が高値で取引されているというこもありました。そういえば前回の時も似たような特殊な値動きをしていたような気がしますが、こういう肝心なことは意外と忘れてたりしてしまいます。

もちろんサーバーとかその時のプレイ層の違いとかもあり一概に同じとは言えませんが、実装から初日のあたりではプレイヤーが貯めていた幻想などのトークンでも十分に装備が賄えてしまうのですが、2日目3日目あたりでその在庫量が枯渇してしまい、補充するにも短時間ではトークンを溜めることが出来ないのでそれで値上がりしてしまうというような感じでしょうか。

そういった値動きとかを研究してみるのも案外面白いのではないかと思ったりしてますが、金策をガチでやっているような人というのはこういった値動きも既に予測済みだったりするのでしょうか。ちょっと気になりますね。

4日目あたりで極ルビーウェポンを少々周回することに

実装から最初の3日間は金策とかコンテンツの開放などを適当にやっていて、高難易度系のコンテンツを始めたのが結構遅かった気がします。

確か4日目の金曜日あたりで初めて極ルビーウェポンに挑戦してました。ここの極コンテンツは事前に難しいという噂を聞いていたものの結構あっさりクリアしてしまいました。

始めに予習済み初見のPTみたいな所に入ってみたら、前半戦で苦戦していたものの何とか後半戦に入ることが出来てそのあと少々練習することが出来たものの解散という流れでした。

そのあと前半安定させつつ後半練習みたいなPT募集へと入ってみたら、前半が全く安定しなさそうだったものの後半に突入してしまい、その後何度か躓きながらもそのままクリアーという感じだったかと思います。

確かに前半のギミック処理を完璧にこなそうとすると少々難しめだったりしますが、一気に死人が出たりしない限り立て直しがしやすく、あまりこんな言い方は良くありませんが、ギミックの理解が曖昧でも割と何とかなってしまうという感じです。

後半戦については簡単とは言わないまでも戦闘時間そのものが短く、以前の次元の狭間オメガ零式みたいに後半戦にチェックポイントが設けられていてやり直しが楽々なのでとても練習しやすいです。そんなこともあり割とあっけなくクリア出来ました。

とりあえず10週くらいを目標にしてたら3週目あたりで赤魔導士が運よく出てしまったので、他にも召喚士にジョブを切り替えてその後武器も手に入れてました。

赤魔導士と召喚士については極ルビーウェポン武器のサブステータスが当たり(新式フル禁断より強い?)のようなのでなるべく手に入れたいということもあり周回してました。

5~7日目は体調が悪く、何とかエデン零式1層共鳴編をクリア

5日目は3連休の初めの休みということでFF14を思いっきり遊ぶことのチャンスだったりするのですが、ここでなぜか体調を崩してしまいぐったりダウンしてしまう状態に。

なんか最近寒暖差が激しいせいなんでしょうか?風邪とか例のなんちゃらウイルスとかではないと思うのですけれど常に怠くて時々頭も痛むというような状態でした。

それでもギャザクラ活動をちょこちょこやりつつ良さそうな募集があればエデン零式1層共鳴編の練習PTとかに参加してたりしました。

確か土曜日は完全にダウンしてて1層の予習とかギャザラーを少々やる程度しか遊んでなかった気がします。日曜日からRFとか練習PTなどに参加して連休日最後の月曜日にクリアという感じでした。

ちなみに今回は赤魔導士ではなく召喚士で挑戦してみてクリアしてました。1層の感想としては前回の覚醒編1層より少々難しく、そしてSTさんが面倒そうとしか浮かばないです。

DPSとしてはギミック処理もそこまで難しいものはなく難所のチェーンライトニングも近接、ヒーラーがその場で動かず遠隔DPSが動いて調整するというやり方が一番安定してやれそうでした。

DPSチェックの方も死人がポツポツ出て一度崩れてヒラLBとかで立て直ししたりもしましたがそれでも時間切れ直前あたりでクリア出来たのでそんな厳しくも無さそうです。

しかしあの鳥誘導って今だとSTが誘導する方法が主流みたいなのですが、あれってやっぱりSTが誘導することが開発陣の想定なのでしょうか?

みんなあまり動かず攻撃する中一人だけフィールドをチョロチョロ動き回ってて結構シュールだし、STさんだけ何故かやること多くて大変そうだとしか思えませんでした。

ちなみにSSの方は終盤PT崩壊っぽくなってて、クリア出来ないかと思ってたらまさか行けてしまい驚いててすっかり忘れてました。

ロットの方も最後取り抜け方式で94とか出してたのにロット勝ち出来ず、最後43とか出してこれ絶対貰えないやつだと思ってたらまさかのそこでロット勝ちしてしまう事態に。

1層初クリアの報酬はなんと召喚士や赤魔導士では大当たり?の腕輪でした。

運が良いんだか悪いんだかわかりませんがこれは上々の滑り出しです。今週ちょっと出遅れた感じがありますが、今後ちゃんと練習から着実にクリアしていきたいところです。

今後のFF14の事について

理想としてはイシュガルド復興が実装される4週間目?までにクリアしたいところですが、今回の零式難易度が高いらしいのですが実際の所どうなんでしょう。

まだ全然そこまで予習とかしてませんが共鳴編零式W1stのPT構成も「ナ暗白占モ詩召赤」とか今までにないような特殊な遠隔3構成で、召喚士と赤魔導士のキャスター2構成って火力的には相性が悪いと思うのですが、やっぱりギミック処理とかの問題の方が強いのかどうなのか。

でもまあ初クリアからある程度時間が経てば最適な攻略方法もわかってきて、後追いでクリアする分には多少は簡単になっているとは思うので焦らず気長に攻略していきたいところです。

なんかいつもに増してダラダラと語ってしまったのでこのへんでこの記事はおしまいにしますが、最後に言いたいこと言えば皆さん体調管理とかには気をつけてください私の場合だとせっかくの3連休があまり堪能できなかったので!それではさようなら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました