FF14 パッチ5.3にてエースセチック・クラフター装備を禁断!その紹介などを

スポンサーリンク
FF14

パッチ5.3にて新しく追加された新ギャザクラ装備エースセチックシリーズを何とか一式製作して揃えることができました。

それらの装備を早速ですがマテリア5禁断をしてみたのでその紹介などを。今回はクラフター装備についてです。

スポンサーリンク

マテリア禁断した新クラフター装備(エースセチックシリーズ)に更新した際のステータスは?

最初にいきなりですが、マテリア5禁断した新装備(エースセチックシリーズ)に更新した際のステータスを紹介します。そうしたら次のようなステータス値に。

個人的に装備の見た目の方はかなり地味で微妙な感じはしますが、装備の平均ILが490へと大幅に上昇してステータスについては申し分なく伸びてました。

ステータスはCPが569,作業精度2821,加工精度2800でした。CP・加工精度寄りにマテリア禁断してみたところ偶然、加工精度がぴったり2800になってました。(どうでも良いことですが狙って調節した訳じゃないので一応報告を)

ただしこれはクラスがマイスターに設定されているので非マイスタークラスだとステータスが少しだけ落ちてしまいます。(非マイスターの場合はCP554,作業精度2801,加工精度2780)

装備自体のステータスが高いため、マテリア禁断しなくとも確定穴にマテリアを嵌めていくだけで以前の扱っていた装備よりもステータスが大きく伸びることが期待できると思います。

パッチ5.3の時点で、禁断したIL490装備を利用するメリットやデメリット

パッチ5.3の現状では最新装備を急いでマテリア禁断する必要性も無かったりしますが、一応ここまでステータスを伸ばすことで、追加された最新のレシピについて全てNQ素材からでも簡単にHQ完成品を製作できるようになってました。

材料費を抑えつつ最新アイテムを製作できるメリットもありますが逆にデメリットもあって、それがアイテム製作した際の錬精度の溜まりが悪いことです。

具体的には秘伝書7巻以下のアイテム製作しても錬精度がほとんど(全く?)進まなくなります。

マテリア5禁断までしていたとしても、クラフターのマテリア精錬がし辛くなっていたので、それらを兼ねて金策したい場合は注意かもしれません。マテリア精錬のために前の装備を残しておくのも一つの手かも。

スポンサーリンク

マテリア禁断の内訳やステータス上限値の一覧などを

今回私のマテリア禁断の内訳やステータス上限値について簡単にまとめてみました。

クラフター主道具・副道具の2つとアクセサリーの耳・首・腕輪の3つについては装着可能な上限値がそれぞれ同じだったので、同じマテリア禁断の内容は統一して同じにしました。

クラフター指輪についても同じく、両指共に禁断の内容は同じにしました。

装備部位 装着上限値 装着したマテリア
主道具・副道具

作業+142 加工+78

CP+6

巨匠エクス(加工+13)名匠エクス×1(作業+21)

巨匠メガ×2(加工+18)魔匠メガ×1(CP+6)

作業+54 加工+39

CP+1

巨匠エクス×3(加工+39)名匠メガ×2(作業+28)

作業+122 加工+39

CP+1

巨匠エクス×3(加工+39)名匠メガ×2(作業+28)

作業+54 加工+39

CP+1

巨匠エクス×3(加工+39)名匠メガ×2(作業+28)

作業+54 加工+39

CP+9

巨匠エクス×1(加工+13)魔匠エクス×1(CP+9)

巨匠メガ×1(加工+9)名匠メガ×2(作業+28)

作業+8 加工+39

CP+9

巨匠エクス×2(加工+26)魔匠エクス×1(CP+9)

巨匠メガ×1(加工+9)名匠マテリジャ(作業+8)

作業+8 加工+39

CP+9

巨匠エクス×2(加工+26)魔匠エクス×1(CP+9)

巨匠メガ×1(加工+9)名匠メガ×1(作業+8)

耳・首・腕

作業+8 加工+78

CP+12

巨匠エクス×2(加工+26)巨匠メガ×1(加工+9)

魔匠メガ×2(CP+12)

作業+81 加工+16

CP+6

巨匠エクス×1(加工+13) 名匠エクス×1(作業+21)

名匠メガ×2(作業+28) 魔匠メガ×1(CP+6)

※エクス=エクスマテリジャ メガ=メガマテリジャ 

赤字については装着できる上限値をオーバーしてしまったものです。

その部位についてはマテリジャの方が後で確実に回収できるのでそちらを嵌めた方がいいのですが、パッチ実装直後マテリジャが高騰してしまって結果、メガマテリジャの方が安くなってしまったのでそちらを採用しました。

装備画面で上限値を超えた部分が赤字で表示され、見栄えは悪くなってしまいますがそれ以外にはデメリットは無いです。しかしどうしても気になるならマテリジャなどでステータス上昇値を調節したほうがいいかもしれません。

長い期間使用することになると思われる装備なので、ある意味そこは慎重に考えておいた方がいいかもしれません。

優先したステータスはCP>加工精度>作業精度の順で、なるべく無駄が出ないように総合的にステータスを伸ばせることを目指しました。

パッチ5.1以前の装備と比べるとマテリア装着できるステータス上限値も幅広くなり、よりマテリア禁断の自由度が増している感じがありました。

秘伝書レシピ製作用とかイシュガルド復興用など必要に応じて、作業特化・加工特化・バランス型など様々なマテリア禁断の構成がありそうなのでこれらの記事内容を参考に色々試行錯誤してみることも面白いかもしれませんね。

追記、パッチ5.31高難易度レシピ用に禁断内容を少し変えました

パッチ5.31で追加された高難易度レシピ用に少しマテリア禁断の構成を変えました。

作業精度を少し削って加工精度を高めることにして、腰・脚・足の3部位にある名匠系マテリアを巨匠系マテリアに入れ替えました。

腰部位は名匠メガ×2(作業+28)部分を巨匠のメガマテリジャ×2に、脚と足部位は最後の名匠のマテリジャを巨匠のマテリガにそれぞれ替えました。

腰部位については加工精度が+1だけ無駄になってしまいましたが、変更後のステータスは作業精度-44,加工精度+25となり合計で作業精度2777加工精度2825になりました。

CPは変更が無いのでそのままの569です。ちなみにこれもマイスター状態です。

ロードストーンの日記、他の方のブログなどを参考にしていると、どうやら加工特化にした方が高難易度レシピを上手く製作しやすいのだとか。

第三次高難易度レシピを製作する際、ヴェネレーション+突貫作業×3+作業で完成させるために必要な作業精度が2760前後らしく(自力で確認していないので真偽のほどは不明ですが)ただそれを抜きにしても作業精度がちょっと余分だったかもしれないということで、少し作業精度を削って加工精度に回しました。

確信スタートのスキル回しでも、ヴェネレーション+(突貫作業+確信追加効果)+突貫作業+作業で完成させることもできます。

ただ作業精度2777だとまだ作業精度が余分な感じがあります。主道具副道具に名匠のエクスマテリジャを禁断してしまったのは高難易度レシピの事を考えるとあまり良くなかったかも。

第三次高難易度レシピについてはまた今度に別の記事でやっていこうかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました