FF14 PCの買い替え時期が悪いとされているがその実態は?

スポンサーリンク
FF14

今の時期(2021年7月現在)はPCの買い替えるには時期が悪いなんてことがよく言われているようです。

その理由としては、PCパーツのグラフィックボードの価格が高騰かつ在庫が不足していることが主なことだったりしますが、最近になりその状況も徐々に改善され価格や在庫も元の時期に戻りつつもあるようです。

しかしそれでも現状ではまだまだ価格が高く、時期が悪いと言えるし、実際にこのブログでも前回記事にPCゲームを遊ぶなら、BTO専門ショップでの注文や通販サイトで直接購入するのが安上がりで済むというようなことを言ってしまいました。

「安上がりで済む~」というようなことはあまり深く考えずに適当に記事にしてしまいましたが、自分なりに改めて現状のPCパーツやBTOショップの注文価格などを調べてみて、その状態についてを確認してみました。

スポンサーリンク

今の時期(2021年7月現在)グラフィックボードの買い替えは時期が悪い

PCの買い替えるには時期が悪い理由として、PCパーツのグラフィックボードの価格が高騰などがその要因としてありますが、その価格を現在確認してみるとこれは確かに時期が悪いと言えるくらいに価格が高騰してしまってます。

最近になりその状況も徐々に改善されたといっても、それでも価格がかなり高くなってしまってて、グラボの種類によっては価格以前に在庫が無く買えないというものもありました。

どの程度価格に変動があったのかを「GeForce RTX 3070」を搭載した「GeForce RTX 3070 VENTUS 2X OC 」というグラフィックボードを一例として挙げてみます。

引用元:価格comの価格推移グラフ

こちらについては販売直後はおおよそ平均で7万円程度で安い時期で6万円台のこともありました。しかし、年を明けた頃から価格の高騰が始まっていき、2月中旬あたりに在庫が一時無くなってしまいます。

5月頃に在庫が復活したものの価格が高騰していて高い時期では19万円前後にも到達しています。そこから少し落ち着いてきたのですが、最近になってまた値上がりしてしまい14万円ほどになってます。

元々コストパフォーマンスが優れていたはずだったのに、こうなると目もあてられない状態です。

現在の価格で購入するとなると、一番価格が高かった時期と比べればマシですが発売直後の2倍程度の値段になってしまってるので、買い替えの時期としてはかなり悪いと思います。

1代前のグラボにも似たような傾向が・・・・・・

このグラボが高騰しているというのは最近発売されたNVIDIAの「RTX3000シリーズ」に限った話ではなく、AMDの「RXシリーズ」や1世代前以上のものも同じように在庫が不足し価格が高騰してしまってます。

元々の性能も価格も高いものが高騰しているというわけでは無く同じような時期にほぼ全てのグラフィックボードが高騰しているようでした。

例えば、FF14の推奨スペックに記載されている「GTX970」と近い性能がある「GTX1650」が搭載されたグラフィックボードについてもその推移を見てみると、これも価格が高騰していたりします。

引用元:価格comの価格推移グラフ

「GV-N1656OC-4GD」というグラフィックボードを一例として挙げると、発売から価格が下がっていき平均でも18000~19000円台だったのが、これも今年の2月3月あたりに在庫が無くなってしまってます。

最近の7月に在庫が復活しましたが、販売価格が3万円台にもなってしまいました。結果コストパフォーマンスが悪くなり、このようなローエンドモデルと呼ばれるような価格のグラフィックボードを買うのにも時期が悪いと思われます。

PCでゲームを遊ぶ上で重視すべきところがこのグラフィックボードの部分になると思われるので、自作PCを組む過程でどうしてもここの部分で価格が高騰してしまっていて、製作費が安く済ませられないことが致命的だと思います。

少なくともパーツを購入し自作でゲーム用パソコンを買い替えることを考えたら、本当に時期が悪いとしか言えないかなと思いました。

グラフィックボード以外のパーツについて

グラフィックボードの価格が高騰しているのは軽く調べて見ただけでもわかりましたが、その他のパーツはというと実はあまり影響を受けていないということもわかりました。

おおよその物が大して価格に変動が無く、メモリ等一部値上がりしている物も見受けられますが、時期が悪いと言うほどの状態では無さそうです。

なのでグラフィックボード以外のパーツであれば別に時期が悪いということは無く普通に買い替えても良さそうです。

自作PCを組む上でグラフィックボードとは別に重視する項目であるCPUについてはインテルの第10世代CPUが発売当初より値段が下がっていて、これは逆に買い替えの時期が良いと言えそうでした。

引用元:価格comの価格推移グラフ

第10世代の「Core i5-10400」が安いもので2万円を切っていて、「Core i7-10700」については3万5000円くらいにまで値段が下がってます。

評判があまり良くない第11世代のCPUについても同じように発売から順当に値段が下がってきているようなので、時期を見てそちらに買い替えるもの良いかもしれません。

AMD系の「Ryzen 5000シリーズ(第4世代)」については価格が発売からあまり変動が少ないようでしたが、性能についてはゲーム用途としてもかなり良さげな感じらしいので、これまでインテル系のCPUを使っていた人もこちらのCPUに思い切って変更するのも良さそうです。

とにかく、グラフィックボード以外だと時期が悪いということは無さそうで、逆にCPUについては買い替えのチャンスの時期かもしれないということで。

スポンサーリンク

BTOパソコンについて

BTOパソコンについては元からあまり事情を知らなかったということもあり様々な情報サイトを参考にしてみました。

ゲーミングPC徹底解剖 – BTOパソコンのレビュー特化型情報

the比較 – パソコンやセキュリティソフトの比較レビュー

それで色々調べて見たところ、例にも漏れずBTOパソコンについてもやはりグラフィックボードの価格高騰の影響を受けていて、以前より価格が上がってしまってたり在庫が不足気味になっていたりしているようでした。

ですが、グラフィックボードの価格高騰の割には上手くBTOパソコンショップの側で価格が抑えられていて、そこまで割高な状態にはなっていないようです。

あとショップによってはグラフィックボードの供給不足の影響を受けその価格上昇の緩和のために、販売が終了していた旧モデルの構成で再販されていたりするようです。さら言えば、再登場時には元々の販売価格よりも安くなっていることもあるようでした。

その一例を簡単に紹介すると、BTOショップのドスパラにて「GALLERIA XA7C-R26 H570搭載」というものがあります。

この製品に関する適切なレビュー記事もあります。

GALLERIA XA7C-R26 H570のレビューと評判【コスパ7.4】 | RTX 2060×i7-10700搭載のゲーミングPC、旧モデルの復刻はゲーマーに希望を与えてくれるだろう!

ざっと構成を見ても、Corei7にRTX2060の組み合わせの割には安い気がします。ストレージにHDDはありませんが、M.2接続の512GBのSSDを搭載していたりもします。

このPCに限らずBTOショップの情報を色々調べていくと、意外と価格の安いものが見つかったりします。あと時期によってはセールやキャンペーンが実施され、より安い価格で買えたりすることもあるらしいです。

もちろん安いと思って良く確認すると、既に在庫切れだったりすることもありそこは早とちりせず注意したほうが良いのですが。

今までこのようなBTOショップの情報を詳しく調べたことが無かったのですが、今の情勢でも上手く価格がバランスよく抑えられているもの、逆に今の時期だからこそ買い時になっているようなPCもあったりするので、ここは改めて各自調べておくのが大切かなと思いました。

FF14推奨パソコンについて少し

記事の最後にFF14公式が推奨するパソコンについて少し触れてみようかなと思います。

ざっくり見てみた感じでは、価格がおかしいようなものは無く普通にお買い得な性能の物が多いという印象でした。

しかし、販売ページに行ってみると在庫切れで既に販売していないものも結構多かったです。(7月18日現在)

中でも、Ryzen 5000シリーズとRadeon RXシリーズの組み合わせが人気のようで在庫切れ状態で注文できないものが多かったようでした。

個人的にはそこのゲーミングPCの項目で紹介されている、ガレリアのGALLERIA XA7C-R37がPCスペックと価格のバランスが良さそうでした。

7月現状では、Corei7とRTX3070の組み合わせで税込み20万円以内で収まっているPCはあまり無いんじゃないかと思います。

現在は稼働中の漆黒のヴィランズに合わせてますが、暁月のフィナーレも発売間際になればまたこれらの推奨スペックPCの情報もまた更新されそうなので、そこは各自確認したほうが良さそうですね。

ここまで調べて見て思ったことが、確かにグラフィックボードの価格は高騰していて、そこを買い替えるとなると時期が悪いと言えますが、それ以外のパーツに関しては特に値段が高騰しているようなことはあまり無く、買い替えの時期としては別に問題なさそうでした。

BTOパソコンについてはあまり影響を受けていないもの、逆にセールやキャンペーンなどでお買い得になっている物もあり得るので、この辺りの情報は各自しっかり調べておいた方が良いと思います。

何にせよ、買い替えの時期が悪いと噂されているからと言ってそれだけを鵜呑みにせず、しっかり自分で情報収集し、適した情報を得ることが大切なのかなと改めて思いました。

この記事の結論としては、7月現在でPCを買い替えるならグラボ以外の買い替えであれば特に問題なく、そこも含めるのであればBTOショップでの注文が悪くない選択じゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました