FF14  IL590クラフター装備(パクトメーカーシリーズ)のマテリア禁断例

FF14 6.x

パッチ6.1にて追加されたIL590クラフター装備(パクトメーカーシリーズ)のマテリア禁断をやってみました。

アルテ・オメガマテリジャを大量に使用し、CP・加工精度を多めに禁断しているので、同じような目的の人はマテリア禁断の参考例になるかもしれません。

スポンサーリンク

禁断後のステータス値について

最初に禁断後のステータス値については以下のようになってました。非マイスターの状態です。

CPと加工精度を重視してマテリアを装着していきました。

  • 作業精度:3738
  • 加工精度:3768
  • CP:588 (マイスター状態)

禁断した結果、上記のような値になりました。マイスター時のステータスなので同じ禁断内容で非マイスターの場合では作業精度と加工精度の数値がそれぞれ20低い値になり、CPは15下がって573となります。

このステータスにまで上げてみたメリットのようなことはパッチ6.1の現状ではあまり無く、秘伝書やレベル90のレシピが製作しやすくなったり、製作マクロの行数が1・2行減らせる程度かなと思います。

現在のレシピというよりは、次回の大型パッチ6.2で追加される新レシピを製作するためのクラフター装備になっているのだと思われます。

あと後述もしますが、IL590のクラフター装備はマテリア錬精度がIL560装備と比べて溜まり辛くなるというデメリットもあるので、錬精で金策することを考えている人はこっちの装備に更新した後も、元々の装備を処分せずにそのまま持っておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

IL590クラフター装備のマテリア禁断の内訳

それで肝心のIL590クラフター装備(パクトメーカーシリーズ)にマテリア禁断をした、その内訳は以下のようになってます。

アクセサリー部位については前回のIL560装備をマテリア禁断したものを特に変更はせずに、そのまま使ってます。

装備部位ステータス(初期値/上限値)装着したマテリア
主道具

作業精度(1107/1302)

加工精度(593/698)

CP(0/7)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のオメガマテリジャ
  4. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度653/698)
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP7/7)
副道具

作業精度(1107/1302)

加工精度(593/698)

CP(0/7)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のオメガマテリジャ
  4. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度653/698)
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP7/7)
 

 

 

作業精度(0/74)

加工精度(356/419)

CP(9/10)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のアルテマテリジャ(加工精度410/419)
  4. 名匠のオメガマテリジャ
  5. 名匠のオメガマテリジャ(作業精度36/74)

作業精度(949/1116)

加工精度(356/419)

CP(6/7)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ(加工精度392/419)
  3. 名匠のアルテマテリジャ
  4. 名匠のオメガマテリジャ
  5. 名匠のオメガマテリジャ(作業精度1012/1116)

作業精度(0/74)

加工精度(356/419)

CP(9/10)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のアルテマテリジャ(加工精度410/419)
  4. 名匠のオメガマテリジャ
  5. 名匠のオメガマテリジャ(作業精度36/74)

作業精度(63/74)

加工精度(356/419)

CP(0/10)

  1. 魔匠のアルテマテリジャ(CP10/10)
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のアルテマテリジャ
  4. 巨匠のオメガマテリジャ
  5. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度416/419)

作業精度(63/74)

加工精度(356/419)

CP(0/10)

  1. 魔匠のアルテマテリジャ(CP10/10)
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のアルテマテリジャ
  4. 巨匠のオメガマテリジャ
  5. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度416/419)
 

 

 

作業精度(56/66)

加工精度(0/96)

CP(70/83)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度48/96)
  4. 魔匠のメガマテリジャ
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP83/83)

作業精度(56/66)

加工精度(0/96)

CP(70/83)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度48/96)
  4. 魔匠のメガマテリジャ
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP83/83)

作業精度(56/66)

加工精度(0/96)

CP(70/83)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ
  2. 巨匠のアルテマテリジャ
  3. 巨匠のオメガマテリジャ(加工精度48/96)
  4. 魔匠のメガマテリジャ
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP83/83)
指1.2

作業精度(0/99)

加工精度(109/128)

CP(36/43)

  1. 巨匠のアルテマテリジャ(加工精度127/128)
  2. 名匠のアルテマテリジャ
  3. 名匠のオメガマテリジャ
  4. 名匠のオメガマテリジャ(作業精度63/99)
  5. 魔匠のメガマテリジャ(CP83/83)

IL590装備のデメリット、マテリア錬精度が溜まり辛くなることについて

IL590のクラフター装備については、秘伝書9巻(新式装備や中間素材など)の以上のレシピを製作していく場合はマテリア錬精度が進みますが、それ以下の通常アイテムや収集品などを製作した場合は錬精が溜まり辛くなってしまいます。

IL590装備にマテリアを5つ装着してかつ極錬精薬を飲んだ状態で、レベル90の収集品を試しに製作して錬精度の進みを観察してみたところ、7~8個の収集品を製作して1%の錬精度が進むという感じでした。

これまでのように収集品や通常アイテムを製作しながらマテリア錬精もやりたい場合には、これまで使っていたIL560クラフター装備を処分せずに持っておいた方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました