FF14 IL590ギャザラー装備(パクトメーカーシリーズ)のマテリア禁断例

FF14 6.x

パッチ6.1にてIL590のギャザラー装備(パクトメーカーシリーズ)のマテリア禁断をやってみました。

オメガ・アルテマテリジャを大量に消費して技術力やGPのステータスを多めに上げた禁断内容になっているので、その参考例にしてみてください。

スポンサーリンク

禁断後のステータス値について

最初に禁断後のステータス値については以下のようになってました。

  • 獲得力:3610
  • 技術力:3765
  • GP:910

GPについては909以上で、食事の「クラブケーキHQ」や「ヤーコウムサカHQ」などと組み合わせると、GP+55の効果と合わさりGPの最大値が964以上となります。

この数値で6回採取することで、採取時のGP回復効果でGPが1000になり、それで追加でアクションが使えたりするので、一応それが実現できることを目指してGPを909以上まで上げるようにしてました。

このステータスで食事無し状態で、暁月エリアの伝説素材を採取してみたところ、両方のボーナス効果が発動していて、さらに伝説素材(サベネアンコーンなど)の獲得数ボーナス発生率が78%まで伸びてました。

試しにIL590の装備で6.0エリアの伝説の採取地を周ってみたところ、獲得力が一定値以上で発生する獲得数+の効果量が以前より増大していて+3になっているパターンが殆どになっていました。(ここのギャザラーステータスの詳しい仕様が分かる人がいればコメント等で教えて貰えると助かります。)

確かここの獲得数+の増加量は獲得力に依存していた気がするので、装備更新で獲得力が上昇した影響でこの獲得数+3が発生するようになったのだと思われます。

そうなると今回のIL590装備に更新したりマテリア禁断することで、採取量が前より増やせるなどのメリットがあるので、実装直後の時期から装備更新してみることも悪くはないのかもしれません。

ただし、IL590のギャザラー装備はマテリア錬精度がIL560装備と比べて溜まり辛くなるというデメリットありマテリア錬精の効率が悪くなってしまいます。

伝説の採取地を利用したマテリア錬精をしていきたい場合は、これまで使っていた装備を処分せずに残しておくことも考えておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

IL560ギャザラー装備、マテリア禁断の内訳

それで肝心のIL560HQ装備にマテリア禁断をしたその内訳は以下のようになってます。

アクセサリー部位についてはクラフターと同じで、前回のIL560装備をマテリア禁断したものを特に変更はせずに、そのまま使ってます。

ギャザラーの装備では今のところ、主・副道具や頭部位の上限値がそれぞれ高く、装着するマテリアに融通が利くので、ここで自分の目的に合わせて調整するのが良いと思います。

装備部位ステータス(初期値/上限値)装着したマテリア
主道具

獲得力(1120/1318)

技術力(640/753)

GP(0/9)

  1. 達識のアルテマテリジャ
  2. 達識のアルテマテリジャ(獲得力1170/1318)
  3. 博識のオメガマテリジャ
  4. 博識のオメガマテリジャ(技術力668/753)
  5. 器識のオメガマテリジャ(GP8/9)
副道具

獲得力(640/753)

技術力(1120/1318)

GP(0/9)

  1. 博識のアルテマテリジャ
  2. 博識のアルテマテリジャ
  3. 博識のオメガマテリジャ
  4. 博識のオメガマテリジャ(技術力1198/1318)
  5. 器識のオメガマテリジャ(GP8/9)
 

 

 

獲得力(0/75)

技術力(640/753)

GP(0/9)

  1. 博識のアルテマテリジャ
  2. 博識のアルテマテリジャ
  3. 博識のアルテマテリジャ
  4. 博識のオメガマテリジャ(技術力729/753)
  5. 器識のオメガマテリジャ(GP8/9)

獲得力(640/753)

技術力(320/377)

GP(8/9)

  1. 博識のアルテマテリジャ
  2. 博識のアルテマテリジャ(技術力370/377)
  3. 達識のアルテマテリジャ
  4. 達識のオメガマテリジャ
  5. 達識のオメガマテリジャ(獲得力693/753)

獲得力(480/565)

技術力(0/38)

GP(8/9)

  1. 達識のアルテマテリジャ
  2. 達識のアルテマテリジャ
  3. 達識のアルテマテリジャ(獲得力555/565)
  4. 博識のオメガマテリジャ
  5. 博識のオメガマテリジャ(技術力28/38)

獲得力(320/377)

技術力(160/188)

GP(8/9)

  1. 博識のアルテマテリジャ
  2. 達識のアルテマテリジャ
  3. 達識のエクスマテリジャ
  4. 達識のメガマテリジャ(獲得力377/377)
  5. 博識のマテリア(技術力188/188)

獲得力(32/38)

技術力(352/414)

GP(0/18)

  1. 博識のアルテマテリジャ
  2. 博識のアルテマテリジャ
  3. 器識のアルテマテリジャ
  4. 器識のオメガマテリジャ(GP18/18)
  5. 博識のメガマテリジャ(技術力414/414)
 

 

 

獲得力(0/34)

技術力(0/34)

GP(94/110)

  1. 達識のアルテマテリジャ(獲得力25/34)
  2. 博識のエクスマテリジャ
  3. 器識のオメガマテリジャ
  4. 器識のオメガマテリジャ(GP110/110)
  5. 博識のオメガマテリジャ(技術力34/34)

獲得力(0/34)

技術力(0/34)

GP(94/110)

  1. 達識のアルテマテリジャ(獲得力25/34)
  2. 博識のエクスマテリジャ
  3. 器識のオメガマテリジャ
  4. 器識のオメガマテリジャ(GP110/110)
  5. 博識のオメガマテリジャ(技術力34/34)

獲得力(0/34)

技術力(0/34)

GP(94/110)

  1. 達識のアルテマテリジャ(獲得力25/34)
  2. 博識のエクスマテリジャ
  3. 器識のオメガマテリジャ
  4. 器識のオメガマテリジャ(GP110/110)
  5. 博識のオメガマテリジャ(技術力34/34)
指1.2

獲得力(0/34)

技術力(0/34)

GP(49/57)

  1. 博識のエクスマテリジャ
  2. 達識のエクスマテリジャ
  3. 器識のオメガマテリジャ(GP57/57)
  4. 博識のオメガマテリジャ(技術力34/34)
  5. 達識のオメガマテリジャ(獲得力34/34)

6.2の伝説の採取地について

6.2で追加された伝説の採取地についての必要能力値やボーナス発生に必要なステータスは以下のようになってました。

  • 採取可能能力値:技術力3600以上 
  • 獲得数+1:獲得力3590以上
  • 獲得数ボーナス発生率+30%:技術力3800以上
  • 獲得回数/耐久+2:GP850以上

この記事で紹介したギャザラー禁断だと、技術力が増加する適当な食事を使っておけば一応どのステータスも満たせるようになってます。

主道具・副道具・頭装備の禁断について、5番目に付いている器識のオメガマテリジャを識質のオメガマテリジャに付け替えれば、GPは下がってしまいますが食事無しでも技術力が3800以上となり採取地のステータス条件を満たせるので、もし気になるのであれば6.2用に付け替えても良いと思います。

スポンサーリンク

6.2で追加されたIL590紫貨装備について

FF14のパッチ6.2にてアクセサリー部位以外の、クラフターと同じく、ギャザラースクリップ紫貨で交換可能な装備(IL590)が追加されていました。

名称はパーフェクトシュニストシリーズみたいな感じになるのでしょうか。

肝心の装備性能については確認漏れがあるかもしれませんが、調べてみたところIL590のパクトメーカーHQ装備と同じ性能をしているみたいです。(マテリア装着可能なパラメーターも同じ)

これまでのスクリップ装備とは異なりマテリア装着が可能ですが、マテリア禁断は不可となっています。

この記事で紹介しているマテリア禁断した装備とこのパーフェクショニスト装備の部位を入れ替えてみた(マテリアは未装着)ところステータス値が獲得力3385,技術力3402,GP868となっていました。

パッチ6.2の追加された伝説の採取地については採取に最低でも技術力3600以上が必要になるので、上記のステータスだと食事無しで6.2の採取地で採取したい場合は、識質のアルテマテリジャを各部位に装着する必要が出てきます。

他にも獲得数ボーナス発生に獲得力が必要だったり、6.2採取地のステータス条件を満たすのにその装備性能が不足気味で獲得力・技術力の両方を満たすには食事込みでも色々工夫が必要だと思います。(ここに関しては装備が悪いというより6.2採取地のステータス条件が厳しめに設定されている気がします。

またマテリアが禁断できない関係で、マテリア錬精を狙う場合には効率が落ちてしまうので、採取と並行してギャザラーのマテリアで金策したい場合にもあまり向いていないと思います。

そういった諸々の理由があるので、個人的にはあまりおすすめは出来ませんが、とりあえず試しに6.2の採取地で採取してみる場合などには良い装備かもしれません。

ただ、ギャザラーの装備についてはクラフターとは違ってギャザラーに設定してあるリテイナーに装備させることができるので、本来の目的とは異なる気がしますがリテイナーの装備用に交換してみるのは良いと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました