FF14 イシュガルド復興でカンストしたクラフターその後について・・・

スポンサーリンク
FF14

前回の記事でイシュガルド復興を利用してかなり効率よくクラフター調理師のレベリングを完了することができたのですが、ここでレベルをカンストしただけでは意外とクラフターでできることに制限が付いてしまっていることに気が付きます。

アイテム分解、マテリア装着・禁断、収集品製作やお得意様取引等が利用できない他に一部のクラフタースキルも未収得のままです。

クラフタースクリップの取り扱いも不可

別にそれだけの制約があってもクラフターとして活用していけないことも無いのですが、これらを開放するクエストは特に何も難しいことも無くすぐに完了できるものなので、今回一気にそれらのクエストを開放していきました。

スポンサーリンク

アイテム分解・マテリア装着・禁断等を最初に開放

クラフター関連で、まず初めに新生エオルゼアの頃からのコンテンツを開放してみることにしました。スタートは砂の都 ウルダハからで、ここでアイテム分解とマテリア装着・禁断を一気に解放できます。

ウルダハ:ザル回廊マーケット近くにいるNPC「シントゴート」からサブクエスト「想いを紐解く力」を受注します。

そこから続いて目的地の中央ザナラーン狼煙の丘にて会話するだけで「アイテム分解」解放できます。

さらにここから近くにいるNPC「フ・ホバス」に話しかけてマテリア装着クエストを受注し、会話を進めるだけでまた「マテリア装着」を開放することができます。

更に続けて近くにいるNPC「ミュタミクス」からマテリア禁断開放クエストを受注出来ます。

ここも会話だけで解放できるのかと思いきや、クエスト内容に「ミュタミクスの近くでマテリアを8個装着する」というものがあり、この場で8回マテリア装着をしないといけませんでした。

装着するマテリアの種類は問わないらしく、幸いレベリングで使っていた装備とか、適当なマテリアを所持していたので特に問題なくクエストを達成できました。

今回は運よくその場でクリアすることができましたが、このクエストために事前にマテリアとか装備などを用意しておく必要がありますね。

なんか装着するマテリアが8個というのはかなり多い気がしますが、新生編ではこのような結構面倒なクエスト内容があったりして、次回のパッチ5.3で内容の緩和とかがありそうなのですが実際問題どうなることやら。

そんなこんなでマテリア禁断が解放され、戦闘職の装備とは関係のない調理師でもマテリア装着や禁断ができるようになりました。

装着ができるだけでも、NPCのマテリア師を頼ることなくギルの節約になるので良かったです。マテリア禁断はパッチ5.4の機会でILの更新がきたらサブキャラでもやるかもしれませんね。

スポンサーリンク

収集品製作とマイスターなどの開放を

マテリア装着などを開放後に続けて収集品やお得意様、クラフターマイスター等の開放をしていきました。

と言ってもこれらの開放クエストはNPCに話しかけていくだけで済むので、簡単に終わります。

まずイシュガルド:下層ギルドリーブ窓口近くにいるNPC「モルゲイン」からクエストを受注します。

会話を進めて次の目的地モードゥナへ行き、NPC「リディルロナ」に話しかけ、ここで収集品製作と同時にロウェナ商会取引を開放できます。

ちなみにこの時点で各地のお得意様取引のクエストも解放できるようになります。

更にここで同じNPCから続けてクラフターのマイスター開放クエストも受注出来ます。

こちらも同じく会話を進めて目的地に移動してそこで会話を進めるだけでコンテンツを開放できます。

場所はイシュガルド上層の転送網「聖ガンリオル占星院前 (イシュガルド・ランディング) 」近くにいるNPC「アルデラン」がいるので、そこで話しかけるだけ終わりです。

クラフターのマイスターについては特に設定しておけばステータスが上昇し、特にデメリットも無いので、よくクラフト作業するクラスであれば設定しておきたいところです。

これでひとまずはコンテンツの開放が終わり、やろうと思えばお得意様取引も出来るようになります。

実はこの地点でクラスクエストもミーン工芸館クエストもほとんど進めていないのですが、お得意様取引カイシルが出来るようになってました。週制限はありますが、報酬はおいしいコンテンツなのでこちらも今後開放していくかもしれない。

クラスクエストを進めて未取得のクラフターアクションを取りに

ここまでの時点でサブキャラのクラフターとしては十分にコンテンツを開放できてはいるのですが、やはりまだ未取得のアクションが取れていないことが心残りだったので、クラスクエストなども進めていきました。

Lv63のクラスクエストで品質精査が、Lv65でマニピュレーションが取得できますが、何故かこの2つだけクラスクエストを完了させていないと使用することができません。

このような煩わしい部分ももしかしたらパッチ5.3以降で廃止されていくのかもしれませんね。

FF14のクラフターについてはレベル1~60までのクエスト内容ではクエストの最後に指定されたアイテムの納品を要求されますが、この納品アイテムについては自キャラで製作しなくともマーケットなどで購入したものを納品しても良いので今回そのやり方で進めることに。

FF14の様々な攻略サイトで既に納品物の一覧みたいなものが載せてあったのでそちらの情報を元に、事前に納品物を購入しておいて一気にクエストを進めました。

ここで通常の方法、自分でアイテム製作して納品アイテムを用意する場合で注意なのですが、パッチ5.25現在でも納品アイテムの中に、製作レシピに秘伝書が必要なものがあったりするので、クラフタースクリップを稼いで秘伝書と交換する必要があります。

なので、クラスクエストだけを進めていては行き詰まることになり、先に収集品製作の方を開放していかないといけないのでそこは注意かもしれないです。

クラスクエストの報酬がとても良かったので・・・

ここでクラスクエストを進めていて気が付いたのですが、クエストのクリア報酬がなかなかに良くて、大量の経験値だけでなくクリスタルなども報酬でついてくるので、イシュガルド復興の途中でこちらも並行して進めてみても良かったかもしれないです。

納品アイテムをマーケットで用意しても、報酬がとてもおいしいので余裕に購入額の分を取り戻せます。

他にはレベル50と60のクエストではエンジニアマニュアルが手に入るので、これ目当てでクエストを進めても十分に見返りがあります。

クエストを進めることで別にそこまで時間が掛かるわけではないし、イシュガルド復興の制作費の節約にもなりそうで、やっぱりこちらと並行して進めればよかったのかもしれない。

クラスクエストもかなりあっさり達成、特に時間も掛からないので

それでレベル60~70の紅蓮編のクラフタークエストについては、クエスト内で専用の納品アイテムを製作するだけで特に何も用意がいらなかったのでその場であっさり達成していけました。

アイテム製作についてもレベルが80になっていれば、匠の早業+下地作業の2アクションですぐに製作できます。

続いてレベル70以降ではミーン工芸館クエストがあるのですが、こちらは現状では特にクラフターでできることに関係はないようでしたので、後日別クラスのレベル上げ用にとって置きました。

ただこちらはこちらで経験値の他にスクリップとか色々報酬がおいしいので、この場ですぐにやっておいても良かったかもしれませんが今回は保留にしておきました。

ここまでイシュガルド復興でレベルカンスト後に開放していったコンテンツの事をひたすら書きなぐるような記事になってしまいましたが、これらのコンテンツ開放は簡単でやろうと思えばすぐにできるので、思い立ったらすぐにどんどん開放していくのがいいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました