FF14 5.41クポフォーチュンを懲りずにまた100枚開けてみました。

スポンサーリンク
FF14

パッチ5.41の第四次イシュガルド復興でもクポフォーチュンが実装され、景品の中身も合わせて新しくなってます。

そして今回も以前とまた同じように100枚試しに開けてみて、実際にどの程度当選するものに偏りがあるのかを調べてみることにしました。

スポンサーリンク

今回のクポフォーチュンを開けるルールについて

クポフォーチュンを開ける際に左の1マスと右の3マスの4つどれかを選択することになりますが、今回の5.41版の記事では右3マス中の右下のマスに全て固定にして100枚開けることにしました。

クポフォーチュンのそれぞれのマスの各当選確率については前回前々回の復興から同じで特に変化はないようでした。一応マスの当選確率をまとめると次のようになります。

  • 1等賞:8%
  • 2等賞:9%
  • 3等賞:15%
  • 4等賞:23%
  • 5等賞:45%

パッチ5.41での追加されたクポフォーチュン景品について

今回のクポフォーチュンで追加実装されたクポフォーチュンの景品について少し触れていきます。

ただ3等と5等の景品については景品の内容に特に大きな変化は無かったようなので今回も省略します。

4等の景品については前回のシルフ族系のハウジング家具からカーバンクル系の家具に変化してました。

その中で「カーバンクルのぬいぐるみ」と「カーバンクル・ルームシューズ」については新しく5.41で実装されたアイテムで他は既存のアイテムとなっているのだと思います。

2等・1等については色々な新アイテムが景品として追加されていて、それらは次のように。

5.41クポフォーチュン2等賞 新アイテム

  • 演技教本:リンゴを食べる
  • スプリングフィールド・パーティション
  • オーケストリオン譜:戦神の教義
  • オーケストリオン譜:彩られし夜空

5.41クポフォーチュン1等賞 新アイテム

  • カジュアルジャケットチェスト
  • トライク(ミニオン)

種類としては少ないですが、このクポフォーチュンについては第三次二次のクポフォーチュンの景品も引き続き出るので、この新アイテムだけを獲得していくのは中々難しいです。

ですが、それらはまだくじの景品としてしか取れないらしく現在では稀少なものとしてはマーケットに売り出されているので、なるべく自力で獲得してみたいところです。

スポンサーリンク

100枚開けた当選結果は?

それで100枚のクポフォーチュン引換券を全て開けてみた結果は次のようになりました。

  • 1等賞:6回当選
  • 2等賞:7回当選
  • 3等賞:14回当選
  • 4等賞:22回当選
  • 5等賞:51回当選

今回の結果は、5等賞に51回当選してハズレくじが多めなこと以外では他の当選回数が均等になっている感じでした。

2等賞で当選して貰えたアイテムについて

今回も当選して貰えた景品についてを紹介していこうかなと思います。3等賞までの景品では特筆するようなものが無かったので省略してみます。

2等賞に7回当選しましたが、そのもらえたアイテムは次のようになってました。

  • 演技教本:リンゴを食べる
  • スプリングフィールド・パーティション
  • グリーンパーティション
  • うり坊(ミニオン)
  • 御用邸のワニス×2
  • クラフターの製図用紙×15
  • スプリングフィールドパーティション

2等賞に追加された新アイテム4種のうち2種のアイテムを獲得出来てました。オーケストリオン譜の方はどちらとも手に入りませんでしたがそれはまた別の機会やマーケットなどで手に入れようかなと思います。

2等賞には未だに高価なハウジング家具として知られている「グリーンパーティション」なんかがあるので、それも入手できたのは意外と嬉しかったです。

1等賞で当選して貰えたアイテムについて

最後に1等賞でもらえたアイテムについては次のように。

  • フレースヴェルグチェスト
  • ダルメルホイッスル
  • ゲソ(ミニオン)
  • フレースヴェルグチェスト
  • もちもちゲイラキャット(ミニオン)
  • フレースヴェルグチェスト

なんとパッチ5.31で景品に追加されていた「フレースヴェルグチェスト」が3つも手に入ってしまいました。

それはともかくとして今回の目玉?の新アイテムである「カジュアルジャケットチェスト」や「トライク」が手に入らなかったのはかなり残念。

前回前々回ではなんだかんだで100回以内には1等賞の新アイテムが獲得出来ていたのですが、やっぱり旧商品の割合が多くなってしまってるのが手に入りにくい要因になってるのだと思います。

マーケットでの取引履歴を見てもやっぱり手に入ってないのは自分だけというような状態でもなく、みんなこのクポフォーチュンに苦戦している模様です。

ただ今回イシュガルド復興は最後ということで途中景品の中身が変化するようなことも無いと思われるし、まだまだ復興は続くしなんなら職人ランキングも終わっていないので、気長にまた狙ってみることにします。

今回当選した1等の景品に偏りがありましたが、別にこれは自分だけが珍しく当たってしまっただけのような感じがあり、新アイテム2種の景品も1等賞の候補として均等には見るような気もしてます。

同じ景品にあたってしまうというような事態も少ないとは思うので、今回のクポフォーチュンも金策目的としても利用しやすいかなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました