バイオハザード8 マーセナリーズの武器性能について(ショットガン3種)

スポンサーリンク
PCゲーム

ミニゲーム「マーセナリーズ」で扱える武器について、バイオハザードヴィレッジ本編とは武器性能がかなり変化していたような感じがあったので、その性能をまとめてみました。

今回の記事ではマーセナリーズで扱えるショットガン3種についてです。

スポンサーリンク

M1897

  Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6
威力 620 744 868 992 1166 1240
連射速度 1.7 1.42 1.14


装填速度 2.8 2.2 1.6


装弾数 5 8 11 14 17 20
改造費(Lei)
威力
6000 6500 7500 9000 11000
連射速度
4000 5000


装填速度
4000 5000


装弾数
4000 5000 6000 7000 8000
  • 総改造費 88000Lei

10000Leiで購入可能な一番安いショットガンで、そのせいか他の武器と比べて性能はあまり高くはないようです。

ステージにもよりますが、威力がショットガンにしては不足気味で、肝心な場面で敵を倒しきれないことも。

ただ、購入費も改造費も安めでしっかり強化していけばそこそこの性能になり、安定して敵を倒せるようにもなります。

ショットガンらしく敵を怯ませやすいので、まだマーセナリーズに慣れていない人はこの銃で安全に戦っていくのもアリだと思います。

本編との性能の違いについて

マーセナリーズと本編とは敵の強さも違うので比べることに大した意味は無いのですが、それでも本編との違いが気になったので、そのフル改造状態のものと比べてみました。

本編でのフル改造では次のようなステータスに。

  • 威力:800
  • 連射速度:1.5
  • 装填速度:2.2
  • 装弾数:11

このショットガンについては本編では4段階までしか改造できないこともあって性能はあまり良くなかったです。特に連射性能が改造パーツを付けても低く感じられ、使いにくいと思ってました。

マーセナリーズ版では改造によって性能がかなり増大するので、しっかり強化していけばかなり改造していくと使い勝手が本編とは違って良くもなります。

敵を素早く倒さない性質上なのかこのショットガンに限らず、マーセナリーズ版のショットガンは全体的に使いやすくなっているようです。

スポンサーリンク

W870 TAC

  Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6
威力 950 1140 1330 1520 1710 1900
連射速度 0.72 0.56 0.4


装填速度 2.5 1.9 1.3


装弾数 2 3 4 5 6 7
改造費(Lei)
威力
7000 7500 8500 10000 12000
連射速度
5000 6000


装填速度
5000 6000


装弾数
5000 6000 7000 8000 9000
  • 総改造費 102000Lei

15000Leiで購入可能なショットガンですが、ぱっと見た感じ連射性能の高さと装弾数の少なさが目立ちます。

装弾数をある程度強化しないと頻繁にリロードが起こり、とても扱い辛いです。

ですが、連射速度がショットガンにしてはとても速く威力もその割にかなり高いので、装弾数の少なさに目を瞑れば使っていて面白い武器だと思いました。

本編との性能の違いについて

こちらの武器の違いについてもフル改造したものと比べてみました。

  • 威力:1200
  • 連射速度:1.4
  • 装填速度:1.9
  • 装弾数:12

このショットガンについてもM1897と同じく、連射性能が改造パーツを付けても低く使いにくさを感じてました。

マーセナリーズ版では装弾数が少なくなっているものの、特に連射速度がかなり速くなっていて、本編とはかなり使用感が違います。

正直な話、マーセナリーズ版のような連射が効くショットガンがゲーム本編に欲しいとも思ってます。

SYG-12

  Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6
威力 1160 1392 1624 1856 2088 2320
連射速度 2.2 1.8 1.4


装填速度 3.5 2.9 2.3


装弾数 10 15 20 25 30 35
改造費(Lei)
威力
8000 8500 9500 11000 13000
連射速度
6000 7000


装填速度
6000 7000


装弾数
6000 7000 8000 9000 10000
  • 総改造費 116000Lei

30000Leiの一番高いショットガンだけあって、威力が高く最初から装弾数が10発もありマガジンタイプのリロードなので使い勝手も良いように思えます。

しかし、他のショットガンと比べて連射速度が一番低くここを改造しておかないと、とても使い辛く感じます。

改造していけば威力がかなり増大して、大体の敵を近距離なら一撃で倒せるようにはなってくるので、連射速度の遅さもあまり気にならず、その装弾数の多さからもかなり安定して使える武器になると思います。

本編との性能の違いについて

最後にSYG-12についてもその違いを見てみました。

  • 威力:1770(1680+90)
  • 連射速度:1.35
  • 装填速度:2
  • 装弾数:40(20+20)

他のショットガンとは違って、このSYG-12に限っては本編とステータスが似通っているせいか、使用感もかなり似ています。

3種目のショットガンになっても連射速度が遅く、セミオート武器なのだからもう少し速くとも良さそうなのですが、そこはバランス取りのためにやむ負えなかったということなのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました