原神 塵歌壺の信頼ランクや洞天仙力を上げる方法について

スポンサーリンク
PCゲーム

原神Ver1.5にて塵歌壺が実装されたわけですが、そのコンテンツを遊ぶための信頼ランクや洞天仙力について少々分かり辛かったので、そこについて情報を整理してみました。

スポンサーリンク

信頼ランクの上げ方について

塵歌壺では信頼ランクを上げていくことで、塵歌壺で扱える機能が拡張されたり、調度品の設計図や原石などの報酬が手に入っていきます。

それでこの信頼ランクを上昇させる方法は今のところ、一度も製作したことのない調度品を新しく製作して入手することで経験値が貯まっていき、それが一定値を超えることでランクが上がっていくようでした。

とりあえず一度も作ったことのない新しい調度品を製作していけば伸びていきます。

一度製作したことがある調度品を再度製作してもこの経験値を再び入手はできなかったので、信頼ランク上げ目的の場合そこは注意したほうがいいと思いました。

調度品の製作にはリアルタイムでかなり時間が掛かりますが、アイテムの「仙速瓶」を使えば即製作を完了させられるので、ランク上げ目的で少なくとも序盤の内は惜しみなく使っていった方が良さそうです。

あとこのアイテムについては調度品のレア度や残り時間に関係なく1つ製作ごとに消費量が1個と固定されているので、なるべくレア度の高いものから製作することが良いとも思います。

通常フィールド上のNPCから入手できる設計図について

調度品の設計図については信頼ランク上昇の報酬や洞天百貨をNPC「マル」から交換するなどが方法としてありますが、それ以外のことでは通常フィールド上いるNPCからも入手できます。

現在Ver1.5では高額のモラが必要ですが、二人のNPCからそれぞれ設計図を購入出来ました。

ゲーテ:モンド城・ 西風騎士団南東の噴水付近(時間帯06:00-19:00)

  • 枯木の道標:25000モラ
  • 避雷のテント:50000モラ
  • 簡素なシングルテント:50000モラ
  • 冒険者の臨時拠点(調度品セットの設計図):50000モラ

朝~夕方の時間帯にしか出現しないのでそこは注意です。セットの設計図については調度品の種類や数は増えないので余裕が無ければ買わなくとも良いかもしれません。

ルーじぃ:璃月・軽策荘 南あたりの建物周辺

  • 「冒険者の背負うべき重み」:50000モラ
  • 慎重な孤独の冒険者(調度品セットの設計図):50000モラ
  • 朽木と盤石の会話(調度品セットの設計図):50000モラ

こちらにもセットの設計図がありますが、製作できる調度品の種類を増やせるわけでは無いので、余裕が無ければ買わなくとも良いかもしれません。

スポンサーリンク

洞天仙力の上げ方について

洞天仙力を上げることで洞天宝銭のストックできる上限や蓄積速度などが上昇します。

洞天仙力は信頼ランクとは直接関係はありませんが、貴重な洞天宝銭の獲得量に関わるのでこれも上げれるだけ上げておいた方が良いと思います。

洞天仙力は現在のエリアに配置した調度品に応じて上昇します。

こちらのランクについては現在配置した調度品の合計量に対応するので、信頼ランクとは違い一度製作を完了させただけではダメで、エリア内に製作した調度品を配置しないと上昇しません。

あと配置した調度品を収納することでも調度品の合計量が下がり、それに応じて洞天仙力のランクも下がってしまうので注意です。

この配置する調度品については置き方やセット配置を利用しても合計量には変化は無く同じようでしたので、とりあえず製作した調度品は忘れないように配置しておくのが無難かなと思いました。

ただあまり無造作に物を置きすぎると後で整理整頓するときに困るので、ある程度区別が付くよう物をまとめて置くのが良いとも思いました。

同じエリアには配置できる調度品に限りがあるので注意

この洞天仙力を上げることを考えたときに注意することがあって、それは同じエリアに配置できる調度品に限りがあることです。

同じエリア内に置ける物の量については具体的には分かりませんが、画面右上に表示されている負荷の状態が赤状態だとそれ以上は配置できないみたいです。

大きいものや建物、動物?を配置するとより大きい負荷が掛かりやすくなるらしいです。

なのでなるべくこの洞天仙力のランクを上げたい場合は、レア度が高いかつ小さいような調度品を手に入れることが良いのだと思います。

さらに言えば、現状の塵歌壺では屋外より屋内に置ける調度品の許容量が高いみたいなので、屋内に配置できる調度品を集めていくのが良さそうでした。

あと動物については屋外にも屋内にも両方配置できるので、今のところは屋内に入れておいたほうが負荷を分散しやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました