ファイナルファンタジー7 リバース(FF7VII REBIRTH)の体験版について

FF7VII REBIRTH

ファイナルファンタジー7 リバース(FFVII REBIRTH)の体験版が2月7日(水)に配信されました。その内容についてを簡単に紹介していきます。

スポンサーリンク

体験版で遊べる範囲について(ニブルヘイム編)

2月7日(水)に配信されたリバース体験版では本編でのニブルヘイム編の内容を遊ぶことが出来るようです。

こちらの内容についてはクリアすることで製品版に進捗状況が引き継がれて、ここのストーリー部分をスキップが可能になるとのことです。

今回配信された分のニブルヘイム編については、探索やミニゲームなどを一通りやってみて2時間くらいのボリュームとなっていました。

意外とボリュームがありちょっとしたサブイベント等も用意されていて結構遊べる範囲があります。

オリジナルのFF7に無かった?イベントなどがあるので、その違いなども探ってみると面白いと思います。

実際に遊んでみると、FF7リメイク(インターグレード)の頃より操作関連のことやUI等が色々と変更がありました。

戦闘・バトルについても前回のリメイクより攻撃モーションに変更があったり、回避直後に攻撃することで遠距離攻撃が出来たりと体験版の時点で追加要素などもしっかり取り入れられています。

ここのゲームシステム関係の前回からの違い・変化なども色々と確認してみると面白いかもしれません。

体験版のニブルヘイム編では、主人公のクラウドだけでなくここのストーリー限定で「セフィロス」も操作することが出来ます。

本編でもここの場面限定?のゲストキャラクターで装備やマテリアなどは変更できませんが非常に強力なキャラクターで連携アビリティ等新要素も含め、プレイヤーができることが多いので色々と試してみると良いと思います。

ゲームのPVにあったような連携アクションもこの体験版で繰り出すことが出来ます。

ピアノ演奏のミニゲーム

ニブルヘイム編で最初の村探索でティファの家へ入り2階の部屋でピアノを調べることで、ピアノ演奏のミニゲームを遊ぶことが出来ます。

体験版の時点では演奏する曲を1つまでしか選択できませんが、ちゃんと遊べるようになっていました。

記号の表示を変更できたり、演奏ガイド(ノーツ)のスピードを早くできたりなどと細かく設定できるので、これも色々と試すことができます。

前作FF7リメイクのダイジェスト版を見ることが可能

タイトル画面から「FFⅦ REMAKE DIGEST」という項目を選択すると、前作FF7リメイクの物語のダイジェスト版のムービーを見ることが出来ます。

前作リメイクのストーリーについてを短くかなりざっくりになりますが、これで振り返ることが出来ます。

スポンサーリンク

体験版ジュノンエリア編について

体験版にアップデートが入り、ジュノンエリア編を遊べるようになりました。体験版ニブルヘイム編をクリアすることでこちらがプレイ可能になるようです。

こちらについては製品版には引き継がれない体験版独自の内容となっているようです。

こちらの方はニブルヘイム編とは異なり、エリア探索や討伐バトル等がメインの内容となっていて実際にストーリーに沿ってクリアするだけなら30分~1時間程度のボリュームになってます。

道なりに進んでいき最後のジュノンの村へ到達後にイベントとボス戦を経て終了という風な感じです。

移動できるエリアについては移動できる範囲に制限が掛かっていますが、スタート地点からチョコボが解禁されてすぐに乗れるようになってます。チョコボでの操作の他、お宝探しなど色々と試せるようになってました。

制限がある影響でそこまでの範囲は移動できませんが、今作では水中を泳ぐこともでき体験版でも一部泳げるところがありました。

移動方法や探索要素など前作からの変化が色々とあるので、その違いや操作感などを色々と確認できると思います。

戦闘・バトルに関しては道中徘徊している通常の敵とは別にサブクエストの対象となる強力な敵が配置されていてそちらは難易度が結構高めになってます。

またチョコボファームにいるチャドリーに話しかけることで、FF7リメイクにもあったバトルシミュレーターを遊ぶこともできます。

ここで各キャラクターのチュートリアルの代わりになるようなものもあるので、実戦で色々試すよりこちらのシミュレーターから基本の操作を色々と確認してみると良いかもしれません。

このシミュレーターのバトルをクリアしていくと最後にこの体験版独自の隠しボスみたいなものが解禁されるようなので、フィールドにいる強敵とは別にチェックしてみると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました